マリアージュフェレザ

婚活で大切なのは「条件」ではなくて「価値観」①

お問い合わせはこちら

婚活で大切なのは「条件」ではなくて「価値観」①

婚活で大切なのは「条件」ではなくて「価値観」①

2021/10/15

あなたがパートナーとの関係で大切にしたい「価値観は」?

 

こんにちは
マリアージュフェレザの知原良枝です。

 

お久しぶりのブログ投稿になってしまいました。

 

家族の入退院があったり、現在講座を受講してくださっている方の個別対応や個人カウンセリングなど、色々ありまして…今目の前にいる人、目の前にあるものを大切にしたいと思うと、どうしても自分が使える時間には限りがあるので…

ブログの投稿が後回しになってしまいました(涙)

 

でも、忙しいときこそ、自分のことも大切に。

心のゆとりや自分の身体を労わることも、私が大切にしたい価値観なので、今後もブログは無理のないペースでの投稿で、お付き合いいただけますと嬉しいです。

 

前回のブログでは、ヒプノセラピスト養成講座の同期の仲間と一緒に過去の傷を癒したり、新しいことにチャレンジしながら、自分の自己肯定感をあげていったというお話しをさせていただきました。

【婚活準備は「感じる力」を養うことから】(前々回のブログです)
【婚活準備は「感じる力」を養うことから②】(前回のブログです)

 

そこからの数年間は、学びながら、自分自身との向き合い作業をしながら、なんとか家族の関係を良くしていけるように…と色々な取り組みをしてみました。

 

元夫も良くなったり、悪くなったりで…

その頃の私は他の人間関係での悩みなどもなかったですし。パート程度の仕事で生活が出来ていることは、幸せと思わなくてはいけないのかな…でも一生このままの状態で、自分は本当に幸せなのかな…

 

先の見えない、何が正解なのかが分からない状態で葛藤していたときが一番辛かったように思います。

 

それから色々学びを深めたこと、そして、自分のありのままの感情を感じることが出来るようになったことで、ようやく私は「離婚」という選択と決断をすることができました。

 

自分の重度の喘息や息子の精神的な不安定がきっかけで学び始めてから10年経って、ようやくできた決断でした。

 

自分は本当は何を望んでいるのか、長い時間をかけて自分と向き合い続けてきましたが….

 

たどり着いた答えは、幼い頃から「家庭」の温かさというものを経験していなかったので、温かな家族関係、安心できる居場所が欲しかった。そして一人の女性として、元夫の女性依存に傷ついていました。元夫は、自分の満たされないものを満たすために、常に外へと目を向けていました。でも、私は一人のパートナーとの愛や信頼関係を深めていきたい


そんな自分の想いを精一杯伝えようと努力をしましたが、それが、「暴力」という形で返ってくることで、「このまま夫婦関係を続けていても、未来に自分の幸せはない」と思いました。

 

そして、色々と学んでいくなかで、家族内で起きていることは無意識に子どもに連鎖してしまうということにも気が付きました。

 

元夫の生まれ育った家庭環境では、父親は絶対的な存在で妻や子どもは何があっても従わなければならない。従わなければ怒鳴り散らしたり、時には暴力で従えるものという価値観が根強くありました。

 

子どもはそのやり方しか見ていなければ、当然他の「話し合う」などのやり方を学ぶことはできませんよね…

 

とにかく「息子にその負の連鎖を引き継がせてはいけない」と思いました。

 

元夫との価値観の大きな違い。価値観は一人一人違っていて当たり前ではありますが、あまりにもその価値観が違い過ぎると、擦り合わせることがとても難しくなってしまうと思います。

 

身近な家族とのささやかな幸せや信頼関係に価値を感じる私と真逆で、元夫は家族よりも外での刺激が優先だったり。

話し合うことで解決したい私とは真逆で、元夫は力で従わせたいが強かったり。

 

ただ、今になって思うと、その頃の私の話し合いの持ちかけ方も未熟だったな…とも思いますし…

 

それに、元夫が「悪」なのかというと、そうではなくて、祖母と同じようにまだ癒されていないインナーチャイルドが心の奥にいたり、生まれ育った家庭環境での刷り込みや苦労も多かったと思います。

 

でも、やっぱり「価値観」の違いは大きかったと思いますし、自分を変えることはできても、相手を変えることは出来ません。

 

相手の問題は本人がそこに取り組むことでしか解決はしないということも、今はよく理解しています。

 

そして結婚する前に、なんとなく違和感を感じることがあったのにも関わらず、そこを見ないようにして「結婚」へと進んでいってしまったことも、後々夫婦関係がうまくいかなくなってしまった原因だと思います。

 

「条件」や「環境」は、生活をしていくなかで変化する可能性は多々あると思います。

 

例えば、相手の年収など「条件」ばかりを見てお相手を選んだとして。
何かがきっかけでその「条件」がなくなってしまったとしたら…幸せではなくなってしまうのでしょうか。

 

お互いに大切にしたい「価値観」が近いパートナーとの信頼関係がしっかりと結ばれていれば。
「条件」や「環境」が変わったとしても二人で乗り越えていけると思います。

なので、私は再婚をしようと思ったときは「自分が大切にしたい価値観」を基準にして婚活をしました。

 

ちなみに、私がパートナーとの関係で、どんな「価値観」を大切にしているかは、長くなりましたので、次回のブログでお伝えしたいと思います。(これは、元々大切にしていた価値観と一度失敗したからこそ大切にしたいと思った価値観です。)

 

本日もブログをお読みいただきましてありがとうございました。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。