マリアージュフェレザ

自分を幸せにするための「離婚」という決断⑤

お問い合わせはこちら

自分を幸せにするための「離婚」という決断⑤

自分を幸せにするための「離婚」という決断⑤

2021/12/30

「幸せな再婚」へ向けて③


こんにちは
マリアージュフェレザの知原良枝です。

 

前回のブログでは、自分を幸せにしてあげるために「離婚」という決断をし、話し合いのできない元夫と話し合うために、(夜逃げのように)家を出てたこと。

 

そして、自分で調停を起こしたというお話をさせていただきました。
【自分を幸せにするための「離婚」という決断④】(前回のブログです)

 

Xデイを決めて、その1ヶ月前からアパートを借りて、元夫に気づかれないように、少しずつ自分と息子の荷物を運びつつ。

 

大きな家電や家具などは、それまでに少しづつ貯めていた自分の貯蓄で買い揃えました。

 

それと並行して引っ越しした後に、調停の期日通知が自宅に郵送されるように家庭裁判所にお願いし、とにかく同じ家に住んでいる状態ではどうしてもできない話し合いの場をなんとか確保するための行動を起こしました。

 

そして、調停が始まってからの私の訴えは

 

・自分が大切にしたいと思っている「家族」というものへの想いと、元夫との間にかなりのズレがあり、それを埋め合わせたいと思い10年間取り組んできたこと。
でも、どうしてももすり合わせることができなかった。
このまま夫婦関係を続けていても、自分にとっての幸せは未来にはないし、息子にとっても家庭は安らげる場ではないということ。

 

・私の離婚の意志は固く、元夫にお願いしたいことは離婚と息子の大学の費用の支援だけで他には何もいらない。

 

この2点でした。

 

ですが、調停委員はどうしても離婚に合意したくない元夫の意志を受けて、なんとか修復へと話しを進めようとするので…

 

これだけ覚悟を持った行動をしているのにも関わらず、そして私が離婚を決意するまでにどれだけの学びや自分との向き合い作業、葛藤があったのか…

 

調停委員は、その背景までくみ取ろうとまではしてはくれなくて。

 

目の前の壁に絶望感を感じさせられてしまいました…

 

結局、元夫とは調停委員という第三者を入れた話し合いをしても分かり合えることはなく…

 

その先の見えない状況をありのまま息子に伝えました。


すると、自分が直接父親に連絡をしてみるといってくれて、そこから父と息子とのメールのやり取りが始まりました。

 

息子は何度も何度も父親とメールをしながら、父親からの主張に対して自分の想いを伝え続けました。

 

そして、最終的に「頼むからもうお母さんを解放してあげて欲しい。もし合意してくれないなら、どんな方法を使ってでも離婚させるから!」

 

その息子からの言葉にもうどうにもできないと思った元夫が、ようやく「離婚」に合意をしてくれました。

 

そして、息子の協力のおかげで、長期間の泥沼の争いになることもなく、どちらかといえば円満な形で調停離婚を成立させることができました。

 

また息子自身にとっては、幼い頃から父親が恐くて自己主張ができなかった自分の壁を崩して、それを乗り越えるきっかけとなったのではないかなと思います。

 

改めて前の結婚を振り返ると

 

価値観があまりにも違ったり、夫婦や家族という関係にどういったものを求めているのか

 

その方向性が違うもの同士が一緒にいても、家庭はお互いにとって居心地の悪い苦痛な場所でしかなくなってしまうと思います。

 

それはどちらかだけが悪いというわけではなくて、お互いに最初のパートナーの選び方を間違えてしまった…ということです。

 

そして、生まれ育った環境で親から充分な愛情を注がれてきていない、自己愛や自己肯定感の低いもの同士が引き合う依存的な関係だったとも思います。

 

ですが、前の結婚生活、そして離婚に至るまでの過程は色々と大変なこと、葛藤もありましたが…

 

それらはすべて自分にとっての貴重な経験と、自分にとって本当に大切なことがなんなのか、そして自分を知るというきっかけになりました。

 

そして、学ぶこと、知識を得ることで人生はこんなにも変わるものなんだ。

自分が成長していくことが自分にとっての自信や自己信頼につながるということを実感しています。

 

そして、それがあったからこそ再婚してからの今のパートナーとの幸せな生活を実現できています。

 

今年はグログでは私自身の生い立ちや、離婚までのプロセスを中心にお伝えをしてきました。

 

私は文章を書くことは得意ではないですし、また不定期な発信にお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

 

そして来年からはブログでは、離婚が成立した翌々月に、思いがけず知人から結婚相談所を紹介され入会したこと。

 

そして、今までの経験と知識を活かした3ヶ月間の結婚相談所での婚活体験について。

 

そして、これもまったくの想定外だった、離婚から約9ヶ月後に相談所で知り合った現在のパートナーと再婚したこと。

 

またその後、どのようにして今のパートナーとの信頼関係を築いていったのか。

 

などをお伝えしていけたらと思っています。

 

そして、結婚相談所マリアージュフェレザの活動としましては、今年婚活準備講座として開催させていただいていたプログラムを個人向けにリニューアルし、よりお一人お一人に寄り添ったサービスを提供させていただきたいと思っております。

 

またそれと併せまして、参加者さん同士が交流しながら、パートナーシップやコミュニケーションなどを学べる場の提供や婚活に役立つイベント的な企画もしていきたいと思っております。

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさま良いお年をお迎えくださいませ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。